雪国の春を使用するとなぜ滑らないの?融雪の仕組み大公開!

マット表面の状態【マイナス10℃周辺の積雪43cm】

マット表面の状態【マイナス10℃周辺の積雪43cm】

マット表面の状態【マイナス10℃周辺の積雪43cm】

透水性に優れているので、表面に水がたまらず凍結の心配がありません。
積雪前はもちろん、積雪後でもコンセントを入れるだけでマット上の雪を溶かします。

マイナス10℃の低温状態でのマット表面熱画像

マイナス10℃の低温状態でのマット表面熱画像

マイナス10℃の低温状態でのマット表面熱画像
【熱画像のマット温度 MAX:約20℃、MIN:約1℃】

気温-10℃でも「雪国の春」の
表面温度は約20~1℃に保たれます。

融雪マット試作品評価報告書/融雪マットの絶縁耐圧試験報告書

安心の性能

「雪国の春」の性能は、開発協力を頂いた
(株)新潟ティーエルオー(新潟大学工学部内)
新潟大学積雪地域災害研究センターでのテストにより、
「融雪マット試作品評価報告書」
「融雪マットの絶縁耐圧試験報告書」にまとめられました。

独自の技術

独自の技術

融雪マット ・特許出願済み
・実用新案登録済み
ゴムチップ舗装 ・実用新案登録済み
Copyright©2009- 雪国の春 All Rights Reserved.